ALUGOアセスメントで分かる!?あなたの英語力はどれくらい?

Pocket

 

 

英会話スクールで受講する前には、必ず受講者の英会話力のレベルがチェックされる。

 

そのレベルチェックの基準が、それぞれのスクールによってマチマチだと聞いたことがある。

 

アルーゴには、受講者の現時点での英会話力を正確にチェックするためのテストがある。

 

では、「ALUGOアセスメント」とは、一体何なのだろうか?

 

ALUGOアセスメントで分かる!?あなたの英語の弱点は?

「ALUGOアセスメント」とは、アルーゴ独自の評価方法でスピーキング能力の測定に特化した対話型テストのことである。

 

ALUGOアセスメントテストは、ビジネス英語のスキルを測定したものになる。

 

このテストによって、短期間で効率的に英語学習を進めていく上での鍛えるべきポイントを明らかにし、受講者に合った最適な学習プランを用意することができる。 

 

◆アセスメントテストのポイント◆

 ・レッスン受講前と受講終了後の合計2回受ける。

 ・電話で25分間、試験管との簡単な英会話のやり取りを通して評価される。

 ・場所と時間に関係なくテストが受けられる。

 ・テスト結果は、レポートで約1週間に自宅に送付される。

 

アルーゴだけの英語テスト?重要だと分かる5つの理由とは?

短期間で英語を話せるようになるための英語学習には、何が重要なのだろうか?

 

アルーゴは、英語学習にはアセスメントが重要で、それには5つの理由があるとしている。

 

精度の高さに定評があるアルーゴのアセスメントテストでは、判断が難しいようなスキルも客観的に数値化して見ることができるため、受講者の強みと弱みをしっかりと把握することができる。

 

1.13の採点項目で自分の英語能力を把握できる

アルーゴは、ビジネス英語には5つの基礎的な英会話スキル8つのビジネスコミュニケーション力を組み合わせた13のビジネス英語スキルが必須であるとしている。

 

【5つの基礎的な英会話スキル】 

Attitude 積極的な姿勢
Speaking 流暢さ
Listening 聞き取り力
Grammar  文法的な正しい発信力
Vocabulary 語彙力

 

【8つのビジネスコミュニケーション力】 

基本的なビジネスコミュニケーションスキル
Logical Speaking 論理的な発信力
Assertiveness 関係を壊さず主張する力
Active Listening 積極的傾聴力
Relationship Building 関係構築力
実践的なビジネスコミュニケーションスキル
Management Communication 部下指導力
Storytelling 論理と感情を織り交ぜストーリーを語る力
Negotiation 困難な状況でもWIN-WINを構築する交渉力
Facilitation 参加者の合意度を最大化する議事進行

 

2.熟練コーチから自分だけのフィードバックを受けられる

アルーゴのコーチ陣は、日本語、英語、カリキュラムに応じて対応でき多彩である。

 

アルーゴでの高品質なトレーニングを担うコーチの採用には、次のような厳しい基準を設定している。

 

  • 英語コーチ以外のビジネス経験があること。
  • ALUGOアセスメントを受け、ALUGOレベル10以上であること。
  • 「ビジネススキル」と「電話でのコミュニケーションスキル」両方の研修を受けること。

 

コーチは、受講者が英語学習を進めていく上で、受講者のスケジュール管理から学習状況まで幅広くを担当する。

また、アセスメントテストの結果に基づいて受講者に対して英語学習に取り組むためのアドバイスもしてくれる。

 

3.12段階のきめ細かなレベル分けにより、受講修了後の自分が
  
想像できる

アルーゴでは、受講者はアセスメントテストの成績に基づいて、最もレベルの低い項目の数に注目して、12のレベルに振り分けられる。

 

アルーゴの受講生のほとんどは、レベル1からのスタートとなり、基本的な英会話能力を幅広い範囲に渡って身につけていかなければALUGOレベルを上げることができないようになっている。

 

英語と触れる機会がなかったなどで英語から長く離れていた人にとっては、レベル1からのスタートは有り難いことである。

 

【ALUGOレベル一覧表】

Single Image

出典:ALUGOより

 

4.アセスメントテストで受講者専用のカリキュラムを見つける
  ことができる

アルーゴには、レベル別のコースの組み合わせにより2万通りを超えるカリキュラムが存在する。

 

カリキュラムは、受講者のアセスメントテストの結果に基づいて、受講者専用の最適化されたカリキュラムとして選び出される。

 

これは、アセスメントからカリキュラムまで一貫して設計されているからこそできるサービスなのである。

 

5.受講期間の成果を振り返ることで、これからの課題が分かる

アセスメントテストは、受講期間を振り返るだけでなく、これからするべき課題も教えてくれる。

 

最後のアセスメントテストが、受講者の一つの目標設定になり、また受講者の英語能力が数値化して表されることで、これからするべき課題も教えてくれる。

 

受講修了で英語学習が終わるわけではないのである。

 

こんなに分かりやすいレベル分けがあるなら...

 

あなたは、今までにこのようなレベル分けを見たことがあるだろうか?

 

この「ALUGOアセスメント」が、アルーゴが企業に採用されている理由のひとつなのだろう。

 

アルーゴの受講生のほとんどがレベル1からのスタートになるそうだが、短期間で自分のレベルがどれだけ上がるのか楽しみになるだろう。

 

TOEICのスコアが高くても、ビジネスで通用する英語が話せなければ、何の意味もない。

 

「ネイティブ並みなんて欲張りなことは考えていないけど、短期間で英語を話せるようになるのなら...」

 

ビジネス英語に特化したアルーゴなら、あなたの望みを叶えてくれるかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です