TOEICスコアだけで決めつけてない?アルーゴで英語の弱点解決!?

Pocket

 

あなたは、TOEICスコアだけで「英語ができる」と決めつけてはいないだろうか?

 

ここ最近、訪日客の増加などで英会話に関心を持つ人たちが増え、「英語ブーム」が再来しているそうで、海外出張や海外赴任も増えてきて、ビジネスで英語が必要になることも多くなってきたという。

 

企業が採用条件にTOEICスコアの提示を必要としていたり、会社内でTOEIC受験を勧めているところもあるくらいだ。


これも時代の流れだと受け止めるしかないのだろう。

 

日本のビジネス社会では「英検」より「TOEIC」の方を耳にすることの方が多いように思う。

 

それは考え違いをしているかもしれない。

 

アメリカやイギリスなどの英語圏での「TOEIC」の認知度を知れば、TOEICスコアだけでは本当の英語力が測れないことが分かるだろう。

 

英語圏でのTOEICの認知度は?

 

では、TOEICは英語圏でどれくらい知られているのだろうか?

 

そもそも英語力を点数で見るということには、少々疑問に思うところもある。

 

TOEICスコアが高いからと言って、英語が話せるわけでもない。

 

TOEICが高得点なのに、英語が話せないという人の話を聞いたことが多いからである。

 

反対にTOEICを受けたことがなくても、英語は流暢だという人もいる。

 

TOEICは、英語でのコミュニケーション能力がなくても高得点を取ることができるため、実践向きではないという人もいるくらいだ。

 

ちょっと気になるので、アメリカ在住の日本人の友人にアメリカでのTOEICについて聞いてみた。

 

友人曰く、「アメリカでTOEICの話は、(私は)聞いたことがない。アメリカでは英語でコミュニケーションが取れることが前提だから、日本では意味があっても、アメリカというよりも英語圏では意味がないと思う。」

 

だそうだ。

 

友人は、アメリカに住んで以来、これまでTOEICのことを聞かれたことはなく、社員採用や人事評価に使われることはないに等しいそうで、それまでの経験と英語のコミュニケーション力があるかどうかで採用されることが多いと言っていた。

 

さらに調べてみると、アメリカ以外の英語圏でもTOEICはあまり認知されていないようだった。

 

日本の場合、採用条件に例えばTOEICスコアが850点以上必須などとしているのは、一応の英語能力を数値で示すためにしているのだろう。

 

最近では、大学や大学院などでも、英検やTOEFLに代わって、TOEICが受験生の英語能力の判定材料に利用される動きもでてきているそうだ。

 

日本の大学では、2018年以降の受験生の減少を食い止めるためだと思うが、一部の大学ではTOEICスコアによって授業料免除などをするところも出てきている。

 

これまでの偏差値重視だった受験ではなく、授業料免除などの基準に合うようにTOEICスコアの高得点を持つ受験生が増えているのだそうだ。

 

TOEICは世界共通?

 

TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テスト( Test of English for International Communication)のことである。

 

英語を母国語としない人を対象とした英語によるコミュニケーション能力を測定するためのテストとされている。

 

世界共通だと言われているが、テスト問題は世界共通の問題ではないという話や、テストの難易度は国によって違って、日本が一番難易度が高いという話もある。

 

また、アメリカで受けたTOEICスコアと日本で受けたTOEICスコアでは評価が違ってくるという話もあるが、実際のところ本当のことは分からない。

 

ただ、非ネイティブが受けるテストであることには間違いないのである。

 

世界の約160ヶ国で実施されており、日本で始まったのは1979年(昭和54年)である。

 

2016年度の日本での総受験者数が、270万人を超えているとは知らなかった。

 

あなたは、TOEICに目的や測定したいスキルに応じて2つのテストブランドがあることをご存じだろうか?

 

テストについて少し調べてみたので説明してみよう。

 

1.【TOIEC Test】
大学受験などで活用したい高校生、就職活動をする大学生、会社でのキャリアアップなど幅広く利用されている。

Listenig & Reading Test◆   

「聞く」「読む」英語力を測る
テスト形式 英文のみのマークシート方式
時間・問題数 リスニング 約45分・100問
時間・問題数 リーディング 75分・100問

Speaking & Writing Test◆  

「話す」「書く」英語力を測る
テスト形式 試験会場でパソコンとヘッドセットを使用して受験する
時間・問題数 スピーキング 約20分・11問
時間・問題数 ライティング 約60分・8問

Speaking Test◆ 

「話す」英語力を測る 
テスト形式 試験会場でパソコンとヘッドセットを使用して受験する
時間・問題数 約20分・11問

Writing Test◆ 
 「書く」英語力を測る 

  *団体受験のみ可能

 

2.【Bridge Test】
英語学習初期段階の人向けで難易度が低めに設定されている。
英語を勉強し始めた中学生やTOEICを受けるのには不安だという人など、英語をやり直す社会人にも向いている。

 

◆Bridge Test(初級・中級者)◆

このテストは、採点が主観的にならないように出題と回答方式を工夫した一斉客観テストになる。

  初・中級者の「聞く」「読む」英語力を測る
テスト形式 英文のみのマークシート方式
時間・問題数 リスニング 約25分・50問
時間・問題数 リーディング 35分・50問

 

すべてのテストの成績は、10~990点の間で5点刻みにより評価されるが、その採点方式には、多くの謎があると言われており、全問正解でなくても満点の990点が取れる場合があるそうだ。

 

アルーゴで自分の弱点を知ってみたい!

調べてみて分かったことは、ビジネスで使える英語力を身につけたいのなら、TOEICのスコアだけに振り回されては駄目だということ。

 

先にも述べたように、TOEICスコアが高くても、英語が話せない人はたくさんいる。

 

ビジネス英語では、相手の話すことを聞き取り、正確な文法で自分の言いたいことを英語で話すことが重要である。

 

アルーゴの英語学習は、TOEICスコアアップだけを目指してはいない。

 

あくまでも会話ができるかどうかなのである。

 

アルーゴ独自のALUGOレベルを判定する精度の高いアセスメントテストが、受講時点の英語力レベルを正確に測定してくれ、弱点をしっかりと見つけ出してくれる。

 

もし、あなたが文法が苦手でも、バイリンガルコーチによる日本語を使った文法レッスンでしっかりとフォローしてくれるのだ。

 

こんなに心強いことはない。

 

あなたがスキマ時間も上手く利用しながら毎日2時間ほどを英語学習にあてる自信があるのなら、受講後には今までの弱点が強みに変わるかもしれない。

 

あとは、あなたが本気で始めるかどうかを決めるだけである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です