TORAIZのシャドーイング学習って?効果のある英語上達法!?

Pocket

 

あなたは、「シャドーイング」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

トライズのことを調べていて、知った言葉だったが、巷の英語学習をする人の間で使われるようになった言葉である。

 

トライズが取り入れているシャドーイングとは?

英語学習をする人たちの間では、リスニング力を伸ばす方法として勧められている英語トレーニング法である。

 

シャドーイングとは、英語の音声を聞いて、そのすぐ後を真似して話していくトレーニング法です。準備段階では英文の文章を見ても構いませんが、最終的なシャドーイングでは、音声だけを聞いて追いかけます。もともとは、通訳者の基礎訓練法として長年使われてきた方法ですが、一般の英語学習者でも、使う教材のレベルを難しすぎないものにすれば、十分使える方法です。

引用元:東洋経済

 

長年、通訳訓練法としては使われてきたものが、一般の英語学習者が増えてきたことで普通に使われる言葉になってきたようだ。

 

比較されるトレーニング法である「リピーティング」は、英語を聞いたら再生を一旦止めて、口に出して繰り返して声に出すトレーニングである。

 

「シャドーイング」は、聞こえた英語を追いかけながら終わりまで繰り返して真似て声に出すトレーニング法である。

 

シャドーイングとリピーティングの違いは、途中で音声を止めるか、止めないかである。

 

この一旦止めるか止めないかの小さな差が、リスニング力アップに絶大な効果を出す。

 

通訳者の訓練法だったが、間違ったトレーニングを続けているために、効率的に英語力を身につけられていない一般の英語学習者が多いことから「シャドーイング」が勧められるようになったようだ。

 

正しいシャドーウイングのコツとは?

シャドーイングは、「聞く」、「発音する」を同時に行うので、難易度の高いトレーニング法だとも言われている。

 

内容を理解しながら、ポイントをしっかり押さえて、意識的に繰り返し練習することで、確実に英語スキルは上達していく。

 

聞こえた英語をただ繰り返すのでは意味がない。

 

音を真似るのだから、恥ずかしがらずに同じように気持ちも込めて練習した方がいいそうだ。

 

正しい「シャドーウイング」でトレーニングを行えば、最初は5分も集中力が持たないが、慣れてくれば問題なく出来るようになる。

 

どこでもできる?

 

シャドーイングの良い点は、自分の関心・興味などに合わせて、好きなものを利用し、いつでもどこでもできることである。

 

海外映画やドラマを字幕で観たり、通勤の時やお風呂に入っている時など、ちょっとしたスキマ時間でトレーニングができる。

 

たとえば、イヤホン・音声再生アプリ・マスクがあれば、通勤時間を「シャドーイング」に利用することもできる。

 

トライズがシャドーイング学習に効果があるとしている理由は?

 

 

 

トライズに聞いてみたところ、「シャドーイング学習」を取り入れている理由は、日本人に一番合っているトレーニング法だからだそうだ。

 

同じ音声を繰り返し、繰り返し聞いて追いかけて、ダメだったところを集中的に練習する。

 

自宅でのシャドーイング学習は、何十回、何百回も真似をする練習になるだろう。

 

シャドーイングは、とても地道なトレーニング法であるが、リスニング力のアップに絶大な効果を発揮するのである。

 

このトレーニングを早く始めると、効果が出るのも早くなるようで、それによって楽しく英語学習が継続できるのである。

 

「仕事をしながらでも英語学習をしていれば、いつかは英語力が付く」と思わないでほしい。

 

仕事をしながら確実に英語力をつけている人は、「そこまでしているの?」と言われるほど、地道にしている人である。

 

そういう人だから英語力が伸びるのだ。

 

もしかしたら、あなたが英語を諦めてしまったは、間違った英語学習法を行ってきたからではないだろうか?

 

あなたが、本気で英語を話せるようになりたいと思っているのなら、トライズでシャドーイング学習を始めてみてはいかがだろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です