ライザップイングリッシュは安くない!?料金を払っても行く価値ってある!?

Pocket

 

最近「こんなに払う価値ってあるの?」と思えるような商品やサービスをよく目にする。

 

また、「安くて質の良いもの」を求めることにも限界があるように思う。

 

あなたは、ライザップイングリッシュに決して格安だとは言えない受講料金を払ってでも行くべきか迷っておられないだろうか?

 

口コミなどでも評判のライザップイングリッシュだが、受講料金は安くはないと思っている人は多いように思う。

 

ライザップイングリッシュで1ヶ月の受講が20万円を超えることを考えると、従来型の英会話スクールや英語教材などと比べて、確かに割高には感じる。

 

だが、ライザップイングリッシュのカリキュラムが、専属トレーナーによる完全マンツーマンであってもそう感じられるのだろうか?

 

ライザップイングリッシュで英会話の印象を良くする!?

 

英会話での印象を良くするとは、どういうことなのだろうか?

 

日本語は、日常会話とビジネス会話ではいろいろと言葉を使い分けなければならないことが多い。

 

日本語には大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つの敬語がある。

 

日本のビジネスシーンでは、この3つを「会話」「文書」や「メール」の中で上手く使い分けることが必要であり、相手に対して誤解を与えず失礼のないようにしなくてはならない。

 

どんなに立場が偉くなっても、目上の人や取引先などに間違った言葉の遣い方をすると、心証を悪くすることにも繋がる。

 

ところで、あなたは英語にもビジネス会話と日常会話に違いがあると思っておられないだろうか?

 

英語で話す時には、日本語をそのまま直訳した言い方だと、相手に伝わらなかったり、相手の気分を害してしまうことがある。

 

英語でも同じで、相手に対して誤解を与えず失礼のないように適切に話す必要がある。

 

特にビジネスシーンでは気を付けたいことである。

 

そのために、ライザップイングリッシュではトレーニングによりビジネスシーンで印象を悪くしない英会話力を付けることができる。

ライザップイングリッシュだとこんな表現は直される!?

英語には「敬語がない」とよく言われる。

 

それは、「ない」のではなく、日本語の敬語のように使い分けがされているのではなく、丁寧に表現することに注意を払っているのである。

   敬語を英訳すると、honorific と言いますが、最近(と言ってもここ10数年くらいでしょうか)広まっています。

PC (political correctness, politically correct の略)も、英語における敬語と言ってもよいかと思います。

これは、直訳すると『政治的な正しさ・政治的に正しい』という意味ですが、要するに『差別用語を使わない』ということです。

(差別用語を使わない⇒相手に気を使ったソフトな言い方⇒敬語 になると思います)

たとえば、old people は senior citizens
(日本語の『老人』⇒『ご年配の方』と言った感じでしょうか)

black は African American
(『黒人』⇒アフリカ系アメリカ人)

policeman は police officer (警官は、男性だけじゃないですよね。)
と言った感じでたくさんあります。

代名詞でも、以前は everybody や somebody などは、単数ですので、he などで受けていましたが、最近は、they で受けています。

例・Everyone has their opinions.
(主語が単数ですが、男女差別にあたる言葉は厳禁ですので、今ではheではなく、これが良いとされ、かなり使われています)

引用元:DMM英会話より

このように、言い方を少し変えるだけで、印象が変わってしまうのがお分かりいただけるだろうか?

 

英語の表現の丁寧さをレベル分けをすると、3段や10段階でできるという人もいる。

 

英語には、日本でいうはっきりと区別された「敬語」はなくても、「丁寧語」のようなものはあるということなのであろう。

 

あなたは、次の表現にどのような違いがあるのかお分かりになるだろうか?

 

①Please sit down.

②Please have a seat.

③Please be seated.

 

この3つの表現は、すべて「座ってください」という意味だが、ビジネスシーンでは使ってはいけないものがある。

 

それは、①「Please sit down.」である。

 

この言い方は、「座れ」や「座りなさい」という命令的な口調になり、上から目線のような感じにとられるので、普段からも使わない方がいいそうである。

 

”Please”を付けると、一見丁寧に言っているようには聞こえるが、そうではない場合があることを知っておく必要がある。

 

海外で母親が子供を叱ったりするような時などに使っているのをよく聞くことがある。

 

②「Please have a seat.」は、ネイティブが一番よく使う表現で、「おかけ下さい」「お座りになって下さい」という感じになるので、相手に対して失礼のない言い方になる。

 

この言い方を海外などで耳にされた人は多いと思う。

 

③「 Please be seated.」はフォーマルな表現で、「着席して下さい」「おかけ下さい」と言う時に使う。
ビジネスシーンでも使えるが、例えば、会議や集会などで着席を促す時に使うことの方が多いようである。

 

このように、「座ること」を促す表現においても、いくつもあることがお分かりいただけただろう。

ライザップイングリシュはビジネス英語の文法を教えてくれる!?

 

あなたは、ビジネス英語には特別な文法が必要にあると思っておられないだろうか?

 

ビジネス英語に何か特別な文法があるわけでも必要なわけでもない。

 

ビジネス英会話と日常英会話には、明確な違いはないのである。

 

どこが違うのかというと、日常英会話では相手に伝わればいいような感じであるが、ビジネス英会話では相手に対して誤解を与えないように、要点を明確にし的確に伝えることを重視する。
 
  
ビジネス英語において、正しい文法で話すということは大切ではある。

 

それに加えて、ビジネスにおける”業界用語”や業種によって異なる特徴的な英単語を覚えることも、ビジネス英語力を向上させるのには重要になり、その業界の知識も必須になってくるのである。

 

ライザップイングリッシュでは、ビジネス英語用の文法などというものではなく、ビジネスシーンで必要な言い回しなどを含めたビジネスに通用する英語力を付けてくれる。

 

あなたの話す英語がビジネスシーンで相手に誤解を与えないようにトレーニングしてくれるのである。

ライザップイングリッシュに行かないことで後悔しない?

日常英会話とビジネス英会話との違いがあまり分かっていないのであれば、分かっている人に教えてもらうことが一番である。

 

ライザップイングリッシュで受講することによって、短期間でビジネス英語が話せるようになるのであれば、安くないと思っていた料金もお得に感じるのではないだろうか?

 

特に英語から長く離れてきた年代の人にとっては、英語を話さなければならない状況に迫られているにもかかわらず、行動しないことは若い頃よりも大きな遅れを取ることになると思う。

 

年齢を重ねるほど、時が過ぎるのは早い。

 

あなたが「もっと早くしておけば良かった」と後悔しないためにも、どうすればいいのかもう一度考えてみてほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です