ライザップイングリッシュを受講する人の65%が40代以上って本当!?店舗は駅近!?

Pocket

 

あなたは、最近の「プライベートサービス」がスゴイことをご存じだろうか?

 

安くて良質なサービスも確かにある。

 

最近登場してきた「プライベートサービス」は、格安とははっきりと区別させて高い付加価値をつけることで、料金が高くても人気を集めているのだという。

 

先日、ニュース特集で紹介されていたのが、「エステもしてくれるビジネスクラスのような理容室」「シェル型シートで座席が区切られている高速バス」「1時間1万円のマンツーマンジム」だった。

 

料金が高くても利用する人が多く、予約が取れない場合もあると言う。

 

その特集内で紹介されていたパーソナルジムに参加していた人は、普通のジムとパーソナルジムの違いを次のように言っていた。

 

   メンタル面が一番鍛えられる。
最後に辛くて追い込めない自分がいると、トレーナーがモチベーションを上げて、声をかけてくれるので楽しくできている。

 

プライベートサービスのジムの場合は、体を鍛えるという肉体面だけでなく、付加価値として顧客のメンタル面もサポートすることに魅力があるのだろう。

 

その他のサービスも、高い付加価値が付くところに魅力を感じている利用者が多いのだと思う。

ライザップイングリッシュ受講者の65%は40代以上!?

ライザップイングリッシュの受講者の65%が40代以上というのは本当なのだろうか?

 

これらは、ライザップイングリッシュが公表している受講者のユーザー分布グラフである。

 

【ライザップイングリッシュユーザー分布】

 

(出典元:ライザップイングリッシュ資料より)

 

年齢比を見ていただくと、受講者の40代が35%、50代が30%で、合計すると65%になる。

 

驚かれたのではないだろうか?

 

「英語をコーチングする」と聞くと、20代や30代の人に対して提供しているサービスだと思われていなかっただろうか?

 

正直、私はそう思っていた。

 

ライザップイングリッシュが、本当に英語力を必要としている年齢層の人達にとって、なくてはならない英会話スクールになっているのだと思う。

 

ちなみに、受講者の65%は男性である。

 

一概に英語を必要としているのは男性の方が多いはと言えないが、ライザップイングリッシュを利用する人は男性が多いようである。

利便性バツグンのライザップイングリッシュの3つの店舗

 

ライザップイングリッシュは、現在、東京の新宿、池袋、銀座の3店舗がある。

 

どの店舗も駅から近く、利便性の良い場所にあることがお分かりいただけると思う。

 

駅から近いと仕事帰りにも便利である。

 

【RIZAP ENGLISH 新宿店】

◆営業時間:7:00~23:00

◆住所:東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階

◆駐車場:店舗裏側に有料コインパーキング有り。車での来店も可能。 

◆最寄り駅:JR山手線 新宿駅 JR南口 徒歩10分
      東京メトロ丸の内線 新宿三丁目駅 C6出口 徒歩1分
      東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 C6出口 徒歩1分

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

【RIZAP ENGLISH 池袋店】

◆営業時間:7:00~23:00
◆住所:東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 MYTビル5F

◆最寄り駅:JR山手線 池袋駅 西武鉄道 東口(地上)出口 徒歩3分
      東京メトロ丸の内線 池袋駅 42番出口 徒歩3分

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

【RIZAP ENGLISH 銀座店】

◆営業時間:7:00~23:00

◆住所:東京都中央区銀座3丁目-3番地1 ZOE銀座7F
◆最寄り駅:東京メトロ銀座線 銀座駅 C8出口から徒歩2分
      東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口から徒歩2分
      JR山手線 有楽町駅 中央口から徒歩3分

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

ライザップイングリッシュは、なぜ40代以上に気に入られているのか?

 

では、ライザップイングリッシュは、なぜ40代以上に気に入られているのだろうか?

 

それは、ライザップイングリッシュのカリキュラムと専属トレーナー制にあり、英語をプライベートサービスで学ぶことに魅力を感じている人が多いのだと思う。

 

40代以上の人は、時間的にも金銭的にも若い頃より余裕が出てきていることも考えられるのではないだろうか?

 

会社である程度の役職が付いてくると、実践的なビジネス英語力を求められることが多くなってくることも関係しているのかもしれない。

 

年代的にも少しスパルタ的な学習方法が合っているようにも考えられる。

 

ライザップイングリッシュのカリキュラムは、受講者の英語力に合わせたフルオーダーメイドである。

 

そのカリキュラムで専属トレーナーが完全なマンツーマン指導をしてくれることと、短期間で結果を出してくれることが人気の理由だ。

 

英語学習をして三日坊主になったり、倦怠期によって途中でやめてしまったということを一度は経験されている人は多いと思う。

 

途中でやめるということをしないために、いや、させないために専属トレーナーが受講者のサポートをしてくれるのである。

 

1日2~3時間、週20時間の学習時間の確保は大変そうに思えるが、実際に2ヶ月間した人がいるのは確かだ。

 

スキマ時間を使い、英語漬けの毎日を2ヶ月間過ごさなければならない。

 

その先に成果が見込めるのであれば、専属トレーナーとともに本気で取り組むことができる気がする。

 

ライザップイングリッシュには年齢は関係ない

 

年齢に関係なく、何かを始めている人を見ると、単純に「すごいなぁ。」と思ってしまう。

 

年齢を重ねると体力的なことを考えて躊躇しがちだが、新しいことを始めるのに、本当のところ年齢なんて関係ないのだと思う。

 

今は70代でも起業をしたり、新しいことをしている人は多い。

 

私の知人で70代の女性は、「パソコンでインターネットがしたい」と言って娘さんから教えてもらっているそうだ。

 

時間は掛かっているようだが...

 

あなたは、ライザップイングリッシュが若い人向けの英会話スクールだと思っておられなかっただろうか?

 

私は、いろいろと調べるまでは、どちらかといえばそう思っていた。

 

ライザップイングリッシュで受講する人は、時間的、金銭的に少々余裕がある人だと思う。

 

実際に受講した人の体験談を見ると、学習時間の確保にはとても苦労するようなので、受講するには覚悟も必要である。

 

 

あなたは、知らず知らずのうちに年齢で縛られていないだろうか?

 

今なら、ライザップイングリッシュで無料のカウンセリングが受けられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です