トックンイングリッシュのコンサルタントはレベルが高い!?

Pocket

 

トックンイングリッシュを運営する株式会社GRITの「GRIT」には、「やり切る」という意味がある。

 

この社名には、モチベーションを維持しながら英語学習を継続することが難しいビジネスパーソンが2ヶ月という短期間でやり切ることの大切さを実感してもらいたいという代表達の思いが込められているそうである。

 

トックンイングリッシュのカリキュラム内容は、まさしく「英語を特訓する」ことなのだと思う。

 

トックンイングリッシュの誇るコンサルタントとは?

 

トックンイングリッシュが重要だと考えているのは、英語を教えることではなく、パートナーとして2カ月間の特訓に伴走することだ。

 

★トックンイングリッシュのコンサルタントの特徴★

 

トックンイングリッシュのコンサルタントは、様々な業界を経験してきており、もともとは英語指導者ではなかった人達だそうだ。

 

例えば、専門商社、留学エージェント、デザイナー、ホテルのフロントなど様々な仕事をしていた人達で、英語指導に関しては未経験者だ。

 

だが、トックンイングリッシュのコンサルタントは実践的なビジネス英語を学習し使ってきたビジネス英語のプロフェッショナルでもある。

 

ビジネスシーンで起こりうるあらゆる問題に対応できる生のビジネス英語力を身につけているのだ。

 

ビジネスで通用する実践的な英語は、英語だけを専門に指導してきた人や実務経験のない人では分からないと思う。

 

トックンイングリッシュのコンサルタント達は、ビジネスで通用する本当に必要な英語を使ってきた人達だと言えるのではないだろうか?

 

コンサルタントもビジネス英語に特化しているのである。

 

ちなみに、コンサルタント採用判断基準TOEICスコアの目安は800点以上または同等レベルとなっている。

 

トックンイングリッシュのコンサルタントの役目とは!?

 

トックンイングリッシュは、英語漬けの毎日で英語学習するという習慣を作れば、受講修了後も継続して学習ができると考えている。

 

専属のコンサルタントには、受講者にプログラム内容を科学的、論理的に説明した上で「いかにフォローできるか」が求められる。 

 

2ヶ月間の受講期間中、受講者は毎日2~3時間の英語学習の時間をどのようにして確保できるかが最大の課題になってくる。

 

そのため、専属コンサルタントは受講者の1日のタイムスケジュールから無駄な時間を細かくあぶり出し、週1回の面談では学習に関することから日々のライフスタイルに至るまで関わっていくのである。

 

専属コンサルタントの役目は、受講者がモチベーションを持続しながら英語学習を継続するための伴走者になることなのだ。 

 

トックンイングリッシュにビジネス英語は任せる

トックンイングリッシュが、なぜビジネス英語に特化しているのかがお分かりいただけただろうか?

 

カリキュラムもビジネス英語に特化しているがコンサルタントもそう言えるだろう。

 

専属のコンサルタントは、もともとは英語指導をしたこともない未経験者である。

 

だが、実務経験があるからこそ、ビジネス英語に関してはプロだと言えるのではないだろうか?

 

あなたが短期間で本気でビジネス英語力をつけたいのであれば、あなたのゴールまでトックンイングリッシュのコンサルタントが伴走してくれるだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です